ボランティア、支援関係者の皆さんに心から感謝します。


81037999_2218004464967869_6954543493884674048_n.jpg

長野市災害ボランティアセンターでは、年内の活動を12月22日に終えました。
年明けの再開は1月10日、11日、12日、13日を予定しています。

この間、長野県には、7万人を超えるボランティアが駆けつけ、廃棄物の撤去・運搬、家屋・敷地内の泥の除去、家屋内清掃などのきめ細かな支援を通して、被災者を支援していただきました。

12月18日には、被災者を継続して見守り支援をしていく「長野県生活支援・地域支え合いセンター」がスタート、被災市町村での継続的な見守り支援の体制づくりを支援しています。12月19日には、長野市の同センターがオープンし、15名の相談員が仮設住宅等への訪問活動を開始しています。

これまではとにかく目に見えるものへの対応として、たくさんのボランティアのみなさんと進めてきました。
これからは目に見えにくいそれぞれの生活の支援を、信頼を築けた住民のみなさんと、そして、関係が築けた多機関のみなさんとの連携により進めていきます。


まだまだ先の長い道。関心や関係を継続し、そして、広げていかないといけないと痛感しています。
これまで関わっていただいたたくさんのみなさん、ボランティアのみなさんに心から感謝いたします。
そして、これからも多くの方の関わりをよろしくお願いいたします。



長野県内社協のここまでの取組


 dayori1.jpg 

dayori2.jpg

dayori3.jpg



〇 ここまでのボランティア活動者数

hyou.jpg