「災害福祉カンタンマップ実験」公開セミナー報告

〇 終了しました。

 県内26の社会福祉法人等が参加する「災害福祉カンタンマップ実証実験」では、参加法人が災福マップを活用して、自らの在宅福祉サービス利用者の災害リスクを「見える化」し、事業所の使命として避難時の個別避難計画づくりに取り組んでいます。現在、令和3年5月に改正された災害対策基本法等により、災害時要配慮者の個別避難計画づくりが市町村の努力義務とされたこともあり、災福マップの取組について関心も高まっています。この公開セミナーでは、個別避難計画づくりに焦点を絞りながら、実証実験の進捗状況と災福マップの可能性を多くの方に発信します。

〇日  時   令和3年7月16日(金)13:30~15:30

〇開催方法   オンライン開催  

⇒開催要項    開催案内.pdf

⇒参加申込は  参加申込フォーム (申込締切 7月9日(金)) 

当日資料はこちらからダウンロードできます。 ⇒ 公開セミナー 配布資料①.pdf  公開セミナー 配布資料②.pdf

(参考資料)
kore1.pngkore2.png

画像1.jpg

訓練用