令和2年度 総合的な権利擁護推進セミナー・長野 を開催します。

令和2年度 総合的な権利擁護推進セミナー・長野 コロナ禍特別企画 トーク&トーク!

「身寄りなき時代-家族機能に代わる社会保証のあり方を考える-」

 核家族化の進行や独居高齢世帯や老々介護世帯の増加に加え、地縁・血縁といった様々な人と人とのつながりが希薄となり、地域で孤立する人が増えています。その中で親族がいなかったり、いても疎遠だったりするいわゆる「身寄りのない人」への支援をするうえで、成年後見制度の利用や医療同意、賃貸住宅の入居や施設入所の身元引受・保証人の確保など様々な課題が生じています。
 本セミナーでは、地域住民の権利擁護に携わる支援者が、権利擁護の基本的な視点や身寄りのない方に対する本人を主体とした支援のあり方、市町村における支援体制の構築などについて学ぶことを目的に開催します。

令和2年度総合的な権利擁護推進セミナー開催要項.pdf  ◯セミナーチラシ.pdf

1 日  時  令和2年12月15日(火)13時00分~16時00分

2 会  場  長野県社会福祉総合センター3階 講堂 (長野市若里7-1-7)

        オンライン(Zoom)

3 内  容  トークセッション「『身寄り』のない方に対する支援について」
        特別ゲスト 芝田 淳 氏(特定非営利活動法人つながる鹿児島理事長)
              佐藤 直樹 氏(新潟県魚沼市社会福祉協議会地域福祉課生活支援係長)

4 参 加 者  会場定員 50名(『「身寄り」のない生活困窮者及び「若者に対する支援事例に関する調査
                研究事業報告書』を配布します)

        オンライン定員(Zoom)100名(受付終了後、詳細をお知らせします)

5 参 加 費  無料

6 参加申込  申込フォームから令和2年12月4日(金)までにお申込みください。