【重要】令和元年度長野県介護支援専門員実務研修受講試験(再試験)の実施について(3月6日午後5時現在)[3月7日追記あり]

令和元年度長野県介護支援専門員実務研修受講試験(再試験)の実施について

  • 現在のところ、 3月8日(日曜日)の令和元年度長野県介護支援専門員実務研修受講試験(再試験)は、 予定どおり実施いたします。

※なお、今後の新型コロナウイルス感染症の発生状況により、情報を更新する場合がございます。状況によっては試験直前になることがありますが、定期的に本会のホームページをご確認いただきますようお願いいたします。

受験者の皆さまにおかれましては、風邪や季節性インフルエンザと同様に、マスクの着用手洗い及びアルコール消毒を行うなど、感染症予防に努め、体調管理に十分に留意して、試験に臨んでください。 なお、発熱等の風邪症状がある場合は、無理はせず受験はご遠慮ください。

【重要】受験辞退を検討されている方へ (3月6日午後5時現在)

昨今のコロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、体調不良や感染症予防等を理由として試験当日欠席された場合は、受験料を返還いたします。

なお、欠席される場合本会への連絡は不要です。「再試験の受験票」は、来年度の受験申込をされる場合必要となりますので大切に保管してください。

欠席された受験者の皆さまには、返金手続きについて後日郵送により通知いたします。

[新型コロナウイルス感染症の対応について]  3月6日内容一部更新しました。

■ 受験者の皆様には、免疫力の向上が罹患の防止となりますので、日ごろから十分な栄養摂取、睡眠時間の確保、防寒(保温)、うがいや手指洗浄の励行など、体調管理に留意され受験されるようお願いします。

■ 試験会場では感染症予防として、会場入口付近へのアルコール消毒液の設置や試験監督員等のマスクの着用等の対策を講じています。

■定期的な換気を行うため、衣服で温度調節ができるよう準備をお願いします。

受験時はマスクをご持参の上、着用をお願いします。ただし、本人確認のための写真照合の際には、監督員からの指示に従って、マスクを一旦外すようにご協力ください。試験監督員もマスクを着用しますので、あらかじめご承知おきください。

※マスクが無い方は、ハンカチ等による咳エチケットの実践をお願いします。

(3月7日追記)感染症予防の観点から、手袋の着用を今回に限り認めます。

試験当日の朝、各自で検温の実施をお願いします。検温の結果、体温が37.5度以上ある場合や、せき等の風邪症状がある場合は、会場の試験本部へお申し出ください。
また、万一受験中に体調不良を感じた場合についても、決して無理をせず、速やかに試験監督員へお申し出ください。

■受験票は再試験用の受験票をお持ちください。紛失した方は当日の朝、身分証明書をお持ちのうえ、会場試験本部(3階)までお越しください。

ご不明な点につきましては、担当者までお問い合わせください。

社会福祉法人長野県社会福祉協議会 介護支援専門員実務研修受講試験本部
電話026-226-2000