平成30年北海道胆振東部地震により被災された世帯への生活福祉資金(緊急小口資金)特例貸付について

 平成30年北海道胆振東部地方を震源とする地震により被災し、長野県内に避難された世帯に対して、生活福祉資金の特例貸付を行います。詳細につきましては避難された県内市町村の社会福祉協議会へお問い合わせください。(問い合わせ一覧はこちら

【対象となる世帯】

 次の両要件を満たす世帯が対象となります。

(1)平成30年北海道胆振東部地方を震源とする地震により、災害救助法 の適用となった地域 及び被災したため特例措置が

    必要な地域として、都道府県知事が設定した地域※に住所を有し、長野県へ避難され、当座の生活費を必要とする世帯

(2)今後、長野県に当分の間(1か月程度以上を目安)居住し、継続的に連絡が取れることが見込まれる世帯

※災害救助法の適用となった地域及び特例措置化必要な地域として、都道府県知事が設定した地域は

  こちらをご参照ください。

これら要件を満たした上で、措置による貸付が必要と認められる場合には、本会にて借入の申込みが可能です。

(相談窓口は避難先となっている市町村社会福祉協議会となります)

【緊急小口資金の内容】

貸付対象者

被災世帯(低所得者に限らない)

貸付上限

10万円以内(特別な場合(※)20万円以内)

据置期間

1年以内

償還期限

据置期間経過後2年以内

貸付利子

無利子

連帯保証人

不要

※特別な場合
(1)世帯員の中に死亡者がいるとき。
(2)世帯員に要介護者がいるとき。
(3)世帯員が4人以上いるとき。
(4)重傷者・妊産婦・学齢児童がいる世帯等で特に社会福祉協議会会長が認めるとき。