『信州つながり探検隊~住民主体の福祉活動レポート~』を発行しました

『信州つながり探検隊~住民主体の福祉活動レポート~』は、

社会福祉法人長野県社会福祉協議会の月刊広報誌『福祉だより信州』に

2016年度・2017年度に掲載された同名の記事をまとめたものです。

いずれも長野県社会福祉協議会の地域福祉部を中心とした職員が地域に赴き、活動を見学させていただき、じっくり話をお聞きして書きました。

計23団体が掲載されています。

地域で暮らし続けるために、何が必要なのか。

何ができるのか。

何をしたら楽しいのか。

そんな想いやアイデアがあふれています。

本書がご自分の地域の活動をお考えいただく一助となれば幸いです。

『信州つながり探検隊~住民主体の福祉活動地域づくりレポート~』は下記からダウンロードできます。

信州つながり探検隊.pdf

【企画】

A4版26ページ

【掲載内容】

長野県内で住民が主体となって地域活動を行っている団体・学校等の活動紹介

【配布対象】

市町村社会福祉協議会、市町村、地域包括支援センター、福祉系事業所、施設の関係者、コーディネーター、活動に参加したいと考えている方、自治会、地区社協等の関係者、民生児童委員、福祉推進員、その他興味のある全ての方

【お問合せ】

ご希望の方は長野県社会福祉協議会 地域福祉部(026-226-1882)までお問い合わせください。