縮小表示拡張表示

災害ボランティア

防災事業

近年頻発する風水害や地震災害時に、災害救援ボランティア活動が大きな力を発揮し、被災地の復旧・復興に大きな役割を果たしています。また、こうした災害に備えての防災活動も注目されてきました。長野県社会福祉協議会では「災害にも強い地域づくり」をめざし、災害救援・防災ボランティア活動のお手伝いをします。

災害ボランティア・ネット信州

長野県社会福祉協議会では、様々な災害に備えたボランティア・バンク「災害ボランティア・ネット信州」を設置しています。緊急時に地域を超えた助け合いの活動を広げるために、このネット信州への登録をお願いいたします。

記事一覧

  • 災害時の連携を考える長野県フォーラム
  • 第41回 信州発ボランティア・地域活動フォーラムが開催されました その②
  • 第41回 信州発ボランティア・地域活動フォーラムが開催されました その①

     

    平成29年10月28日(土)、
    第41回 信州発ボランティア・地域活動フォーラムが千曲市戸倉上山田で開催されました。
    (掲載されている全ての画像はクリックで大きい画面になります) 

     

    今年は41回目にして初の1日日程での開催。
    いろいろな意味で手さぐりでしたが、
    300名余りの参加者さんをお迎えし、
    見て・聞いて・話して・食べて・飲んで・触って、
    じっくりと学ぶことができた1日でした。
    ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。 

    今年度のテーマは「姨捨山は宝の山だ~ひとり一人の想いがつくる みんなの暮らし~」。
    ネガティブな想い・課題をどうやって宝物に変換するか。
    そもそもその想いは本当に課題・悩みなの?
    そんなことを水晶の会さんの朗読劇から感じながらフォーラムがスタートしました。 
     

    コンサートホールをホールではない使い方をした情報交換会。
    座ったままでは得られない情報を得るため・仲間をつくるために
    皆さん自分からホール全体を使って積極的に動きました。 
    中学生から大学生までたくさんの学生さんにもご参加いただき、
    いつもとは違った仲間づくりができたようです。
    地域にはいろいろな人が暮らしている。
    想いも悩みも人それぞれ。
    でもこうして顔を見て・声を聴いてお互いに話し合うことが
    地域づくりのはじめの一歩。
         

          

       

       

       

     たくさんの情報交換の後は会場内で記念撮影。
    この会場が1つの地域になったようでした。
    ご参加いただいた皆さん、
    本当にお疲れ様でした。

     その②に続く 

  • 第41回 信州発ボランティア・地域活動フォーラムが開催されました その③
  • 木曽地域を震源とする地震への対応について
  • 長野県ボランティア活動振興センターのご案内
  • 平成28年熊本地震について(第2報)
  • 訓練・講習会

アーカイブ