縮小表示拡張表示

地域福祉コーディネーター

 地域の課題やニーズを発見し、受け止め、地域の資源(情報・人・場所など)をつなぎ、地域での生活を支えるネットワークの中心となる人材を「地域福祉コーディネーター」と総称し、その育成、普及等に取組んでいます。

記事一覧

  • 第41回 信州発ボランティア・地域活動フォーラムが開催されました その②
  • 第41回 信州発ボランティア・地域活動フォーラムが開催されました その①
  • 第41回 信州発ボランティア・地域活動フォーラムが開催されました その③
  • 信州くらしの支えあいネットワーク とは
  • あなたの近くの住民参加型在宅福祉サービス ~地域で安心して暮らし続けるためのお互いさまの支え合い活動~
  • 長野県ボランティア活動振興センターのご案内
  • “あったらいいな”から始まった 住民参加の生活支援活動事例集
  • 地域福祉コーディネーター養成研修のねらい
  • 地域福祉コーディネーターの役割

    地域福祉コーディネーターの役割

    地域福祉コーディネーターとは

     (1)市町村において次のような役割を担う専門スタッフ(ワーカー)と位置づけます。
    ・地域の住民ニーズのなかで、専門的な対応が必要なケースへの対応
    ・ニーズの発掘とその解決のためのコーディネート
    ・制度によるサービスと住民活動をつなぐための実践的支援
    ・住民が参加する地域福祉計画(地域福祉活動計画)の策定支援

     (2)上記の役割を果たすため、地域福祉コーディネーターは、次のような活動を行います。
    ・総合的な相談、生活支援
    ・地域の福祉課題の把握と、課題解決のための活動の開発、支援
    ・制度によるサービスと制度外のサービスをつなげる支援
    ・多様な主体が協働するための地域のネットワークづくり

     地域福祉コーディネーターは、住民の日常生活圏域としての小地域を主な活動の場とし、
    コミュニティワークづくりという目標を達成するために、地域における個別支援とその基盤
    としての生活支援システムづくり、地域で解決できない問題を解決していくしくみづくりを
    進める役割を担う。

    地域福祉コーディネーターが必要なわけ

     これからの地域福祉の推進には、一人ひとりの住民が、困ったときに身近なところにすぐに相談でき、
    住み慣れた地域の日常生活圏域のなかで必要な支援も受けられるような総合的な相談、支援のしくみ
    が必要となっています。地域における福祉課題は、制度や公的サービスだけでは対応できない課題が
    多く、住民活動や民間との協働による対応が不可欠です。行政と住民が協働して構築することが求めら
    れています。

     多問題を抱える世帯に対して必要な支援を横断的につなぎ、家族全体を支えていく体制は制度上十分
    には整っていません。必要な支援を行う上で活用できる制度や資源を探し、つなぎ、つくり出す取り
    組みが必要なのです。そして、それを担う人役割の人が必要です。

     地域福祉コーディネーターの主な役割

アーカイブ