生活困窮者自立支援法に基づいて、「まいさぽ」を拠点にその人の寄り添う支援と行っています。



縮小表示拡張表示

利用手続

利用手続きについて

1.まず、お近くの社会福祉協議会にご連絡ください。

市町村社会福祉協議会にご連絡ください。ご本人以外でも、ご家族など身近な方、行政の窓口、民生委員などを通じてのお問合せにも対応します。

2.担当者がおうかがいします。

専門的な知識を持った担当職員がご自宅等を訪問し、親身になって相談にのります。ご相談にあたってはプライバシーに配慮し、秘密は必ず守ります。お気軽にご相談ください。

3.お困りのことを一緒に考え、支援計画をつくります。

どういうお手伝いをさしあげたらよいかなど、ご希望をお聞きして、その後で契約内容と支援のしかたをご提案します。

4.ご利用は契約を結んでからサービスが開始されます。

ご納得いただければ、利用者と社会福祉協議会とが、契約を結び、支援計画にそって、生活支援員がお手伝い(有料)を行います。

福祉サービス利用援助契約とは

その方の希望や状況に応じた具体的な支援内容である「支援計画」や預けたい書類等の一覧の「預かり書」を作成し、その内容に合意されれば、原則として利用を希望する方と基幹的社会福祉協議会と長野県社会福祉協議会との三者による「福祉サービス利用援助契約」を結びます。

契約締結審査会

安心してご利用いただくために、対象者として該当するかどうか、必要に応じて、弁護士・社会福祉士などの専門家が審査を行う「契約締結審査会」を設置しています。