生活困窮者自立支援法に基づいて、「まいさぽ」を拠点にその人の寄り添う支援と行っています。



縮小表示拡張表示

教育支援資金

1. 対象となる世帯対象世帯

〇低所得世帯

2. 資金費目と内容

資金費目 貸付限度額 据置期間 償還期間 貸付利子
教育支援費 高等学校(専修学校高等課程含む)
⇒月額35,000円以内
※滞納授業料の支払いの場合は、
滞納月×35,000円以内
高等専門学校
⇒月額60,000円以内
短期大学(専修学校専門課程含む)
⇒月額60,000円以内
大学
⇒月額65,000円以内
卒業後6ヶ月以内 20年以内 無利子
就学支度費 50万円以内
(計算方式)  必要貸付限度月額×12ヶ月×就学期間(年数)
(償還例1) 高校3年間 借入元金1,760,000円(就学支度費50万円+教育支援費3万5千円×36ヶ月)
⇒10年(120回)償還の場合 … 月額償還額=14,660円
(償還例2) 大学4年間 借入元金3,620,000円(就学支度費50万円+教育支援費6万5千円×48ヶ月)
⇒15年(180回)償還の場合 … 月額償還額=20,110円

3. 必要な書類

共通添付書類

内容 対象者 書類
世帯の状況が明らかに
なる書類
借入申込者  
連帯借受人
・世帯全員分の住民票
所得がわかる書類 借入申込者
連帯借受人
 
・源泉徴収票、世帯全員分の所得課税証明書等
現在の収入が上記書類と異なる場合は、直近の3ヶ月分程度
の給与明細等
年金受給等の場合は、年金額がわかる書類
(通知書の写し等)
現住所及び資力が
明らかになる書類
連帯保証人 ・住民票及び所得課税証明書

費目別の添付書類

教育支援費 就学支度費
・新入学の場合は、「合格通知書」の写し             
・在学者の場合は、「在学証明書」(原本)      
・「合格通知書」の写し、または「入学許可証」の写し
・経費内訳が確認できる書類(学校発行)
 ※上記以外にも貸付審査に伴い、必要に応じて関係書類の提出を求めまる。

記事一覧