福祉・介護サービスの充実

笑顔あふれる職場づくりのために

キャリアパスの構築を目指して

危機感!
佐藤 正雄 委員長
佐藤 正雄 委員長
(県身体障害者施設協議会会長)
追い風を活かして!
畠山仁美 委員
畠山 仁美 委員
(県介護福祉士会会長)
若者を育てる!
中島 豊 副委員長
中島 豊 副委員長
(長野大学教授)
専門家としての
確立を!
村岡 裕 委員
村岡 裕 委員
(県社会福祉士会)
小規模法人への
配慮を!
宮島 渡 委員
宮島 渡 委員
(県宅老所・グループホーム連絡会理事長)

 「日本全体で労働者人口が減少するなかで、福祉・介護ニーズの増大に対応して、今以上の福祉・介護サービス従事者の確保が求められている。
人材の確保・育成は、施設・事業所が生き残っていくうえで、経営上の最も重要なポイ ント。」

「介護職は、非正規職員の割合も高く、今回キャリアパスと言われて、初めて将来を考えたという人も少なくないと思う。なんとかこの追い風を活かしたい。また、キャリアパスは『上を目指す』だけではなく、ライフスタイルにあわせた多様な目標設定が望ましい。」

 「キャリアパスなどで将来の道筋がはっきりすれば、学生たちも専門職としてやっていこうという自覚を育てやすくなる。」

 「介護福祉士、社会福祉士などの職能団体では、資格に基づく生涯研修体系が始まっている。各事業所の研修体系も、これを視野に入れながら構築していくことが重要。一定のキャリアを積めば、どこの職場に行っても専門職として通用するようにしたい。そのような専門職としての確立が、志のある若者たちを魅きつけるポイントになると思う。」 

「小規模法人では、単独でキャリアパスを構築し、階層ごとの研修を実施することは困難だと思う。県の研修等で、事業所のキャリアパスに合わせた共通研修を設定して、小規模法人を支援する必要がある。」

従事者の方へ キャリアパスとは ライフスタイルにあわせて 専門職としての学びを尊重! 質の高いサービスのために

最高のサービスを提供するために、職員一人ひとりの 力が発揮される、笑顔あふれる職場づくりを進めてい きたい。
そのため、福祉・介護サービス事業所では、職員の 経験と成長を支援し、評価することで、待遇と連動 させるキャリアパスの仕組みづくりに取り組んでい ます。

福祉・介護の職場のキャリアパスは、単に『上を目指 す』だけでなく、専門性を深めるなどライフスタイルや 特性にあわせて、自分にあったコースを選べることが大 切。
 各職場ごとに、多様性のある目標設定に取り組んで いますので、将来どんな職員になりたいのかを描いてみ ましょう。

介護福祉士、社会福祉士など、資格に基づく生涯研 修体系が整備されつつあります。職員が専門職として 成長していくためには、職能団体における研修や学び も、職場の人材育成に位置づけて、有効に活用されるべ きだと考えています。

職員の皆様の意欲とスキルが高まることで、事業所 のサービス力は飛躍的に高まります。
最高のサービスを提供するために、一人ひとりの力が 発揮される、笑顔あふれる職場づくりをご一緒に進め ていきましょう。

取り組み事例~キャリアパスの構築を目指して~

職員の資質向上と自己実現を目指す研修体系
社会福祉法人青葉
福祉会(小諸市)
リーダーの育成がかなめ~職能団体の研修を活用~
社会福祉法人
依田窪福祉会
(上田市)
介護職員として
自分のキャリアデザインを描き、体系的ステップアップを図ろう
須坂市社会福祉
協議会
自分の可能性が見通せる人事体系・研修体系づくりを目指して
社会福祉法人睦会(長野市)
小規模法人でキャリアパス対応型研修システムの構築を目指して
社会福祉法人湖会
(長野市)
長野県キャリアパスモデル・イメージ図

第四段階

個性あるデイサービスセンターを目指して、
もっともっと研さんを積みたい。
社会福祉法人賛育会
豊野中央デイサービスセンター
センター長  小林 正和さん
●仕事に役立つ資格や研修は?
ケアマネージャー(介護支援専門員)、社会福祉士資格を取得しました。お一人おひとりにあったサービスを提供するうえでは、社会福祉や介護に関する専門的な学びは大切です。
しかし、それ以上に、世の中の一般常識や教養が大切。普通の感覚が大事だと思います。他の業界で仕事を経験された方は、福祉の現場でも、前の仕事の何かが役に立つことが必ずあると思います。
●今後のキャリアアップについて
施設運営の経験と学習を積んで、これからの時代にあった介護サービスを行っていきたいと思っています。機能訓練に力を入れるとか、音楽を楽しめるとか、利用者さんが望む何か個性を持ったデイサービスにしていきたいですね。
新しい介護の知識や、認知症に関する勉強もさらに深めるなど、勉強と経験を積んでもっと自分の幅を広げていきたいです。

第三段階

人と育てるノウハウを学びたい。
障害者支援施設 やまびこ園
副主任  矢嶌 佳奈子さん
●仕事について
勤続年数は10年、副主任としては2年目です。
園の組織の中では生活支援課の所属となります。7,8 人のケアワーカーを担当しており、ワーカーさんと利用者さんとの意志疎通がうまくいかないときなど、サポートに入ります。
入ってくる職員(ケアワーカー)さんの年齢も若かったりするので、すぐ辞めたくならないよう、励ましたり、やりがいを引き出してあげたりと、時代の変化や職員の性格に合わせた指導、言い方などに気を配りながらやっています。
●資格や今後の学び
「ヘルパー2級」「介護福祉士」「障害者スポーツ指導員・初級」「アクティビティワーカー」の資格を持っています。 今後学びたいのは、「人を育てる」ノウハウ。日々の業務の中 で、これまで、自分がしてもらってきたように自分の部下たちを 育てていけたらと思っています。
園全体の体制を考えて、利用者さんにとっても、ワーカーさんにとっても楽しく働きがいのある園になるよう、考えて働ける職員になりたいと思っています。

第二段階

迷った時は、資格取得で
ステップアップ
山形村社会福祉協議会
デイサービスセンターいちいの里
主事  山田 健治さん
●業務の内容
23歳で介護職に就いてから12年、山形村社会福祉協議会 に入職して5年目になります。今は、利用者さんの送迎や介 助などの通常業務のほか、主事としてレクリエーションの企 画立案、安心して過ごせる施設環境の整備・調整を行ってい ます。
●資格取得でステップアップ
障害児施設で保育士の仕事をしていたのですが、一念発起 し、松本短期大学へ社会人入学。介護福祉士の資格を取得し て、介護職として働き始めました。最初は、気持ちを入れて 介護することができず、作業的な仕事になりがちでした。  介護に対する考え方の視野を広げたいと思い、介護支援専 門員の資格を取得。介護保険制度の仕組みを根本から理解で きたことで、個々の利用者さんの実情に即したサービスを実 践できるようになったと感じています。  こうした資格を取得できたのも、上司の理解と協力、同僚 たちの支えがあったおかげと、感謝の気持ちでいっぱいです。

第一段階

社会福祉士取得を目指しています!
特別養護老人ホーム やすらぎの園
介護士  鶴田 美緒さん
●この仕事の魅力、大変さは?
腰を痛めやすいなど体力的には大変なこともあります。でも、仕事を通して年配者と関わることで自分の知らないことを教えてもらったり、昔と今の生活のギャップを知るのが楽しいです。
●仕事に役立った資格や研修など
現在、社会福祉士取得を目指して勉強中です。利用者様もお一人おひとり違うので教科書どおりの対応ではダメです。
相手に合わせて接していくことが大事ですが、介護福祉士の勉強を通じて学んだことは、普段の仕事に一つひとつ役立っていると思います。
●今後の夢
好きな仕事なのでずっと続けていきたいと思っています。
社会福祉士の学習をするなかで、視野を広げ、いつも笑っていられる職員になりたいと思います。
また、利用者さんにもっと楽しんでいただけるよう、いろいろなレクリエーションの技法をマスターしたいです。

キャリアパス構築 取り組み事例
  • 障害福祉へ
  • 高齢福祉へ
  • 高齢福祉へ
  • 社協へ
  • 児童福祉へ

研修体系をリニューアル

長野県では、検討委員会での検討をふまえて研修体系をリニューアルし、キャリアパス・モデルに対応した福祉職員障害研修(実施主体:長野県社会福祉協議会)を実施します。
各段階ごとに求められる役割を理解し、具体的に職場で実施する能力の開発を目的に、日程や内容を大幅に拡充して実施するものです。

研修体系をリニューアル:詳細へ

検討会について 共同ホームページきゃりあねっと